カナダでATになろう

このブログは現在カナダでCanadian Athletic Therapist になるため留学している者による留学情報を綴ったものです。

有給インターン始まって一週間

どうも前田です。

前回の投稿のように自分は9月下旬からSUVウィニペグからバンクーバーまで西カナダ横断をして無事到着しました!

そして土曜日にバンクーバー到着して、月曜からチームに合流でした。そこから1週間が過ぎ、振り返るとこの一週間は本当に嵐のようでした。

まずは挨拶の連続。選手だけでなく、チームのビジネススタッフや上層部の人達への自己紹介、現場以外とのコミュニケーションが絶えず求められるという経験が初めてでまず圧倒されました。

f:id:jincatca:20201008141622j:plain

どういう選手層?

今回自分が所属するチームはBritish Columbia Hockey League というブリティッシュコロンビア州内のジュニアAホッケーリーグのチームで、どういう選手が所属しているかというと、高校生もしくは高校を卒業した20歳以下の若い年齢ででカレッジホッケーチームへの進学を希望する選手が基本だそうです。だから彼らの目標はアメリNCAAやカナダのカレッジチームからスカウトされることです。大学進学を希望する選手向けのジュニアホッケーリーグとしてはBCHLが一番カナダでレベルが高いそうです。

じゃあ他の有名なOHL(Ontario Hockey League)や QMJHL (Quebec Major Junior Hockey League) はというと、一気にプロを目指す若い選手の集まりということでした。つまりホッケーの実力がずば抜けていてすぐにでもNHLに行きたいのであれば、この2つのリーグで腕を磨くのが最短距離とのことでした。その代わりもしプロ行きがうまく行かなかったら何の保証もない。

カレッジを選択してもNHLにドラフトされる可能性は十分あるので、要は時間をかけてNHLへの道に少しの教育面での保険をつけておくか、ホッケー一本の勝負かけるかということですね。日本のプロ野球に似ていますね。高卒ドラフト、大卒ドラフトといったような。

インターンじゃないね、これ

月曜日の初合流時の説明で段々と気づいたのですが、このポジションはインターンとは名ばかりのフルタイムATの仕事内容で、責任もプロチームのチームヘッドATと変わりません。

  • メディカル備品の注文、リクエスト、管理
  • 全選手の健康管理
  • チームにパートタイムで手伝いに来てくれるマッサージセラピスト、カイロプラクター、フィジオセラピストへの指示
  • 怪我の報告(現場、チーム上層部、リーグ、渉外を通じて選手の保護者)
  • 応急措置
  • 試合のEAPの確認
  • リーグ指定の健康管理アプリの活用

実際にヘッドコーチからは「YOU ARE THE BOSS」と言われました。チームのメディカルの最終決定はお前だと。他のセラピストの報告も聞くけど、最後はお前だと。

内心「ひぇ〜〜〜〜〜やっば」と思ってました。

このポジションは平常時はフルタイムのAT扱いなんですが、このコロナで観客収入が0で、スポンサー収入が見込めないということで、予算の都合で出来上がったなんちゃってインターンなんですね。だからお金は雀の涙程度ですが、経験はどこのプロチームでインターンするよりも積めると思いますインターン扱いでなくフルタイムヘッドATなので、常にみんなが自分に答えを求めてくるという状況が新鮮でしょうがないです。そして、指示をしてくれる人がいないんです。。。当たり前ですが。

ヘッドATってこうなのかな?

一週間だけのヘッドAT経験ですが、気づいたことがあります。それはマネジメント系の業務量がかなり多いということです。そして、他のプロのセラピスト達が助けに来てくれる分自分がトリートメントする回数が少ない上に、自分よりも他のセラピストの方が提供するトリートメントのレベルや引き出しが多いなと。自分が多くの時間を割くのは、報告、管理、怪我の評価やリハビリといったところですね。やっぱり今の時点では他のプロのセラピストの手技やテクニックには勝てないなとつくづく思います。

その分メディカルチーム内でのマネジメント&コミュニケーションスキルが求められているな〜と毎日思います。

他のプロのセラピストとのコラボレーションなんて初めての経験ですし、ウィニペグ大学のクリニックも基本ATだけなのでこれは学ぶことがかなりあるなと思います。本当にプロチームみたいです。そしてうちのチームに手伝いに来てくれるセラピスト達もゆくゆくはNHLのバンクーバーカナックスのチームセラピストになるという野望があるため、かなり意識高いです。結構本当に彼らの情熱には驚かされます。ボランティアなのにここまで積極的に助けてくれるのは感謝しかない。

目標のAT像

はっきりとはなかったのですが、ぼんやりと思っていたのはウィニペグ大学でお世話になった二人の大御所ATマスターですね。CATカリキュラムでのクリニック実習を経て、セラピストとして一流になりたいという思いが大きくなったのは事実です。日本ではスポーツの現場で活躍するのだ!という感じでしたが、カナダに来てガラッと変わりました。

でも、今の現状は明らかに日本にいた頃のAT像に近くなってるな〜と思います。今はそれでもいい、今得ている経験はとても貴重なのだからと割り切ってやっているのが現状です。これから少しずつ手技や治療テクニックやリハビリテクニックを学んでいくしかないなと!ヘッドATが一番トリートメントヘッポコというのは、専門性の違いを含めて考えても嫌なので。

QOL (Quality of Life) はない

どこのプロチームやセミプロチームならそうだと思いますが、基本的にATは Equipment Manager と毎日協力し合う関係です。というか普通のジュニアホッケーチームならATとEquipment Manager は兼任がほとんどです。このEquipment Manager の仕事というのが本当に時間を食う仕事で、自分もヘルプしてますが時間がかかります。このサポートに加えてAT業務となると帰る時間はやばいですね。特に試合後とかは夜中に洗濯機回してます。それに何か大きな怪我等起きたら。。。エグいな。

1週間にして(2試合経験済み)実感しました。

チームスタッフに聞いたのですが、NHLなら〜こんな話があるよ〜とかなりリアルな労働環境を知ってちょびっと絶望しました。。。深夜にスケートしたい選手とか迷惑。。。

これからの目標

既に始まったエキシビションゲームからの12月のシーズン開幕、そして最長5月まであるシーズンを無事全力でやりぬくことです。そのうえで最近発表された1月末のCATAの資格試験に合格して CAT(C) になることです。

やるぞ〜。マジで。

今回は仕事始めて1週間で分かったことでした。

ではでは。

 

 

 

 

 

バンクーバー到着!西カナダ横断

どうも前田です。

前回の投稿でお話した通り、自分はバンクーバー近くの街のホッケーチームに有給インターンという形でポジションを得ました!

 

jin-athletic-thrapist-at-wpg-ca.hatenablog.jp

 

そしてつい先週の水曜から土曜日の4日間でウィニペグからバンクーバーへのドライブを敢行しました!なので今現在自分はもうバンクーバー在住のシティーボーイです(笑)。

人生で初めてシティーボーイになってしまった。。。熊本から、千葉のど田舎酒々井、そしてクレイジーワイルドウィニペグを経てついに、、、バンクーバーやあああああああああ。

住むところは突然に

前回の投稿時には、決まってなかった住むところ(短期と長期)が出発前日にドタバタで決まりました(笑)。GM兼ヘッドコーチが考えがあると言って沈黙を保ってましたが、出発前日のめちゃくちゃバタバタしている最中にそのアイデアを教えてくれました。

チームの卒業生のお母さんが日本人

そのアイデアは前に所属していた選手が日本人とのハーフだったらしく、その方のお母様が日本人で全面協力してくれるから今すぐ連絡とってほしいということでした。

あ、やっぱりバンクーバーって日本人いっぱいいるんだなと当たり前の事実に気づいた前田でした(笑)。ウィニペグにいると本当に日本人の方に世話になるなんて考えもしないから。。。

そしてそのお母様のネットワークのおかげで、ルームメイトを探している大学生達に行き着いて無事約束成立しまして、今その部屋からこの投稿をしています。

やっぱりネットワーク大事だな。。。

愛車の予想外の出費

いつもお世話になっている自動車整備士の方に内定獲得後に慌てて整備の予約を入れたのですが、正直どうせいつもどおり100ドル以内で済むだろうなと思っていたところ、1600ドルの出費でした。。。どうやらウィニペグからバンクーバーという超長距離ドライブをするにはあまりにも多くの部品が老朽化していたようで、結構ちゃんと定期整備をお願いしてたのに、この価格になったようです。カナダには車検がないので自分で管理しないといけませんからね。

この予想外の整備は金銭面だけでなく、自分の予定に大きな悪影響になってしまい、結果夜の8時まで一切ご飯を食べることもできないくらい動き回ってました。

改めて14年落ちの23万キロ超えの車で多くの荷物載せての引っ越しをするリスクを自覚しましたが、整備士の「トヨタを信じろ」という言葉を信じて出発しました(笑)。

f:id:jincatca:20200928133824p:plain

西カナダ横断だ〜

初日(Winnipeg to Swift Current, *Saskatchewan)

名残惜しさMAX。

あんなにムカついたり嫌な思い出がいっぱいあるのに、いざウィニペグから出るという朝は名残惜しい気持ちでいっぱいでした。本当に色んなことがありました。何でウィニペグ?って色んな人から言われたし、自分自身もこの選択が合ってるのか不安だったことはたくさんありました。そんな夜の帰り道の唯一の癒やしだったこの風景を最後に見たいなと思い、ちょうど道中に大学があるのでちょっとだけ寄り道しました。

f:id:jincatca:20200928215751j:plain

そんな感傷的な旅の始まりでしたが、一旦 Transcanada Highway 1 に乗ったら後はひたすらもう真っすぐに西に進むだけでした。マニトバ州サスカチュワン州はひたすら平地&畑なのでそれはそれはもう楽でした(笑)。クルーズコントロールは素晴らしい!

唯一の心配は燃費でしたが、後で計算したらあまりの燃費の悪さに3回計算しました(笑)。

SUV&14年モノ(2世代前の技術)のハイブリッド+大量の荷物、これでまさか普段の半分ほどの燃費になるとは思わなかった。。。

そして1夜目は州都のリジャイナを越えての Swift Current という小さなハイウェイタウンに泊まりました。これは全て明日のために。。。

所要時間: 10時間半(休憩含む)

二日目 (Swift Current to Banff, Alberta) 

そうです。バンフに行ってみたかったのです(笑)。バンフで泊まれば少しは観光できるかなと思ったんですが、やっぱり時間なかった(笑)。だからホテルから歩いてダウンタウンを散策してご飯食べて終了ーーーーー。うん、せめて4日間フルに使ってバンフの自然を体感したかった。。。たった一つ言えるのは食べ物高かった。。。

たったモーニングで16ドルなんて人生で初めてだよ。。。

f:id:jincatca:20200928215848j:plain

f:id:jincatca:20200928215912j:plain

 

所要時間: 8時間半(休憩含む)

三日目 (Banff, AB to Kamloops, British Columbia) 

今回の旅で一番疲れた運転でした。移動プランでは蓄積する疲労を考慮して徐々に移動距離を減らしていったんですが、この三日目の運転後は気疲れが半端なかったです。。。

悪天候と山道がクネクネ

 ずっと山道だったので、天気の変化がめちゃくちゃ激しかったです。それに道があまりにもクネクネしてて加速減速をひたすら繰り返すわ、下りの時はスピードがえらい出て困るわでかなりの情報量が常に自分の視界に飛び込んできてめちゃくちゃ疲れました。しかも、追い越し車線が無い部分がかなり多かったので、バカみたいに飛ばす運転手にひたすら煽られたり(トレーラートラックも)してちょっと怖かったですね。いやまて、80て標識あるのに俺が110出すわけないだろ(笑)と思ってましたが。

短い距離のはずなのにモーテルついた時はクタクタというね。

所要時間: 6時間半

最終日 (Kamloops, BC to Vancouver, BC)

目的地に近づくにつれて増える交通量に戸惑う田舎者

Kamloops からの道は快適でした!追い越し車線もあるし、晴れてたし。ただ、アボッツフォードから徐々に交通量が増えてきて、段々とやべえ運転するやつと遭遇する回数が増えてきてました(笑)。そして自分が働く街の Coquitlam ちょい前からは交通量がとんでもないことに。。。あ〜これが都会かと運転しながらしみじみ感じてました。そこそこの交通量で済んだウィニペグが懐かしいなあ。

所要時間: 4時間

まとめ

ウィニペグからバンクーバーまで約2300キロの長距離ドライブでしたが、感想としては荷物が少ない状態ならもう一回してもいいかな〜と。あと車は絶対SUV以外で(笑)。

もう二度と今の車ではしません!(笑)

ではでは。

とりあえず一歩前進!【ご報告】

どうも前田です。

今回は短いです。

5月からバイトしつつ行ってきた就職活動が一向に実らず、夏の終りからかなりふてくされていたのですが、、、

ホッケーチームのオファーを頂きました

つい先日ZOOMインタビューを行い正式にとあるホッケーチームのATのポジションのオファーを頂きました。そして、これを自分は正式に承諾しました。

具体的なチーム名は明かせませんが、BC州にあるジュニアホッケーチームとなります。

ジュニアホッケーは高校卒業年代からプロやカレッジホッケーを目指す選手のリーグとなり、プロ選手を目指す道としては一番低いレベルとなります。BC州のジュニアホッケーから上は、3つほどのリーグがあり、頂点は当然NHLとなります!

今回の自分のオファーはフルタイムではなく、有給インターンとなります!なので一応バイトをしないと生活できません。

それでも、確実にキャリアの一歩を、しかもチーム専属という形で踏み出せたことはこのパンデミックの状況では非常に幸運だと言えます。

だから、一瞬のためらいもなく答えはYESでした。

引っ越し

当然ウィニペグを離れることになります。しかも来週の水曜には出発して車で引っ越しする予定です。

なので、今は引っ越し作業で大忙しです。

おしらせ

今回の就職で自分はバンクーバー近くに住むことになります。ですので、もしCAT留学で相談ある方、もしくはこの変人と話して見たいという方はご連絡ください!

 

ということで以上就職報告でした!

ではでは。

おすすめの本(S&Cコーチ向け)

どうも前田です。

今回は今の危機的な自分の就活状況は置いといて。。。

つい最近出版されたとあるトレーニングに関する本について投稿しようと思います。

その本は。。。

 S&Cコーチ河森直紀博士の著作2作目

 著者はこの河森直紀さんという博士号(PhD)+ストレングス&コンディショニングコーチの方です。自分はこの方がされているブログを順大3年の頃、つまり6年前から読んでます。

この方のブログを通して発信される多くの内容は本当に自分の考え方を変えました。ぜひ興味がある方読んでみてください。セミナー告知とかもそこであるようですし、Twitterもしてたはず。

「トレーナー」による無法地帯状態の日本

日本でS&Cコーチとしてのキャリアを積んで、S&Cの職域をしっかりと守っている人はどれくらいいるのだろうと自分は疑問に思います。

順大時代の自分はATよりもS&Cに興味が強かったので、頻繁にSC系のセミナー行ったりしてましたが、アスリートのトレーニングを担当している人達のバックグラウンドがあまりにもバラバラで、でも共通してるのは「トレーナー」という肩書。無法地帯だなと思ってました。

困惑の大学2年生

きっかけはファンクショナルトレーニン

今はこのコンセプトはもう落ち着いていると思いますが、自分の時はまだありました。このファンクショナルトレーニング、、、これに本当に色んな人が群がって、セミナー開催する人もいて、一種の大ビジネスでしたね。自分の受けた印象は「従来の筋トレの否定=ファンクショナルトレーニング」といった感じで、この本に書かれているような特異性を履き違えたトレーニングがセミナーや専門家向けの本でありましたね。

自分はこのファンクショナルトレーニングにあまり感銘を受けなかったので、ある時とあるセミナーで講師をされていた当時のバスケ日本代表のSCコーチにファンクショナルトレーニングについてどう思いますか?とバカ正直に質問したら、真顔で速攻で

「ファンクショナルトレーニングって何?」と逆質問され、察しました。。。こういう風に定義を聞いて来る時点でこの方も今の風潮に嫌悪感をお持ちなのだなと。そして多分ファンクショナルトレーニングは本質と離れているのだなと。

自分はその時は「分かりません、でも周りはそう言って騒いでます」と言ったら色々と丁寧に諭してもらえました。その時から自分の中でファンクショナルトレーニング云々よりもまずちゃんとした筋トレをマスターして指導できるようになろうと思ってたら、河森博士のブログをたまたま見つけて〜ですね。

実は。。。

この本に載っていることはほとんど河森博士のブログを読めば各トピックごとにちゃんと書いてあります。なので本を読んだ感想はブログの復習だなあと。

でも、考え方を提示してくれる本なんてないよ?

普通のトレーニング系の本は「エクササイズの種類とやり方」ばかりです。そしてS&Cの専門書といえる、NSCAのテキストブックでも考え方については述べられていません。当然知識を与えるのがメインなので、自ずとそうなるでしょう。

考え方を知るにはインタビューするか一緒に働くしかない

これはどの専門職もそうだと思いますが、専門家の考え方、原則というのはその人を表すものであり、その人の専門性の根底にあるものなので知ることは基本難しいんですよ。でも河森博士はその部分を解説してくれたんですよ。これはラッキーですよ。だって考えてください、運動生理学関係の博士号を海外で取得し、また現場でオリンピック選手やプロアスリートを指導しているような人がそのベースとなる考え方を公開してくれて、しかもご丁寧な専門用語の解説までしてくれるんですよ。

情報公開化社会万歳。もちろん著者はお金目的であるというのが第一ではあるとは思いますが(笑)。そして Kindle のおかげでカナダでも余裕で読める。最高。

この本の特徴と活用

この本は考え方を載せています。そしてその考え方を示す言葉の選択が非常に高度で分かりやすく、論理的です。ここ本当は英語で言いたいんだろうなということもしっかり日本語で説明されていました。

この考え方というのは自分は自分の中で落とし込むだけでなく、選手への説明に使えると思っています。選手への説明って難しいです。専門知識がない相手にいかに分かりやすく、でも重要なメッセージはもれないように伝えるか。この本ですでに河森博士がやっていらっしゃるので、後はこれを自分の場合は英語で言えばいいだけかもな〜とめんどくさがりの自分は思っちゃいます。実際はあと数回読み直して理解深めて自分の言葉にしようと思ってますが(笑)。

この本を読んだ上での経験の積み重ね、それも自分の頭で考え抜いた経験の積み重ねが重要だと肝に命じてCSCSを活用する機会があれば発揮したいと思います。

 

まあ、その前に仕事欲しいよね。特に今はATの仕事がね。

 

今回はATとは違うんだけど関わりの深いS&Cの世界で活躍されている方の著作の紹介でした!

コロナ以降一切筋トレしてないことはここだけの秘密。。。

マ、マッスルメモリーあるから... (震え声)

ではでは。