カナダでATになろう

このブログは現在カナダでAthletic Therapist になるため留学している者による留学情報を綴ったものです。

これが人生。CATAが悪いのか?ウィニペグ大学が悪いのか?+お知らせ

どうも前田です。

 ウィニペグって夏は30度にもなるんですよ!夏冬の気温差70度(笑)

ただいま前田は Spring term のスポーツマッサージが終わりのんびりし始めたところですが、

以前の投稿で言った問題がちょっと大きい問題になりまして。

 

jin-athletic-thrapist-at-wpg-ca.hatenablog.jp

 

Read more

祝!ブログ開設一年

どうも前田です。

どうやらブログ始めて一年経ったようです。

実際に開設する一ヶ月程前からブログ始めようか悩んで、でもチキっていたのが懐かしいです。自分の背中を押したのは、その時起きたCATA Exam の変革でした。

そして、詳しくは言えませんがとある先生の伝達ミスで自分の履修計画に不備ができたことも大きな要因でした。「なんでこんなに留学生の扱いが下手なんだこのATプログラムは!今後のためにこの経験を書き留めたいなあ」って感じでした。

このブログで嬉しかったのは、コメントから実際にメールでCATを考えている方とコミュニケーションを取れたこと。そして何よりも昨年末に実際にその方々にお会いできたことです。松永さんから一同甘くない現実を思い知らされましたが、それでも自分にとっては良い思い出です。

CATへの道を進めば進むほど、この専門職は本当に難しいなと思います。でも、楽しいです。奥が深いし、カバーできる領域は本当に広いです。だからオススメです!

このブログは二年目にして伝えるべき新しい情報がほぼ無いのですが(笑)、それでもぼちぼちやっていこうと思います。

あと、もしカナダのAT留学に興味ある方は、とりあえず「留学に興味をもっていることを発信する」ことが大事です。大マジです。金と英語の前にそこ大事。

つまり、連絡待ってます(笑)。

 

ではでは。

P.S. 南キャン山里亮太大先生はまさに私に勇気をくれました(笑)。

留学3年目はきつかったけど、楽しい(現在進行系)

どうも前田です。

以前言った留学三年間を振り返るみたいなものをやると言ってましたが、それよりも3年目(三年生)がどう今までと違ったのかを説明しようと思います。

今、三年間を振り返っちゃうと卒業時のネタが減ることに気づきました(笑)

三年目からがATプログラム

これは前から言ってますが、四年生のプログラムに通う場合は三年目から本格的なAT科目の履修が始まります。それまでは他の学科との共通科目が多いので、誰がAT志望なのかは全くもってわかりません。解剖学等は Exercise Science でも必修ですからね。なので二年目までは実技の要素がほぼ無くて、ひたすら筆記試験でした。Lab があるとはいえ、所詮は紙とペンで行う物だったので。

Read more

えええええええとなった Practicum 2 オリエンテーション

どうも前田です。

皆様、GW明けいかがお過ごしでしょうか。

前田は気づけば、高校卒業以来GWを味わった記憶がありません。部活の練習試合、遠征が盛りだくさんのGWでしたので。

もう、春ですね!と言いたいところなんですがどうもウィニペグの気候がバグってるんですよね。先週マイナスの気温を叩き出したりしてて不安定極まりないんですよ。いつになったら着れるのかな、半袖ポロシャツ。

さて、この題名ですが、皆様は「CATAってバグってね?」と思うと思います。

では、

Read more

Camosun College Athletic and Exercise Therapy program

どうも前田です。

ついにケベック州を除く最後のATプログラムの紹介です。

だいぶお待たせしましたね〜。いやーやる気が全く湧き上がらなかったので。

まず、この大学の場所から。

Read more