カナダでCATになろう

このブログは現在カナダでCanadian Athletic Therapist になるため留学している者による留学情報を綴ったものです。

近況報告。フリーター、日焼け止めを買う。

どうも前田です。

今回は題名の通りあんまり書くこと無いけど近況を話します。

 

現在の状況整理

  • コロナで卒業試験と他の科目の実技試験が延期
  • つまりプログラムは終了していないため卒業できない。
  • 6月の卒業はできず。
  • 9月頃といわれている実技試験もまだ日程未定
  • CATAの資格試験も全てが未定
  • 10月の卒業を予定しているがあくまで予定。
  • この夏はバイト漬けと思ったらコロナでバイトすら見つけるの大変だった
  • ようやくゴルフ場のコース整備のバイト&週一のレストランバイトをゲット
  • 卒業後の進路をマニトバ州とBC州に狙いをつける
  • ひたすら手紙送る&ひたすら求人に応募する
  • CAT(C)+αを模索開始

こんな感じです。では次に詳しく。

f:id:jincatca:20200708082049j:plain

人生初の日焼け止め購入!

秋以降の日程が未定すぎる。

学校

まずこれが悩みのタネ。延期された実技試験に関する情報のアップデートが全くない。秋にある予定で止まっているので、勉強できません。しかも、どうやら卒業試験前にちょっとだけ実習の期間をくれて頭ならししてくれるのかというと、NO。 もう実習時間は稼いだからこれ以上割り当てるのは無理とはっきりと言われ、今は実習が途中で中断してしまった生徒が最優先ということでした。超納得。しょうがない。

実技試験が決まらないのであれば、卒業も決まりません。いつ、、、僕は卒業できるんだろう。。。卒業が決まらないと学生ビザから Post Graduate Work Permit への切り替えもできません。それが決まらないと多分本職(AT系)への就職ができません。

資格試験

これに加えて以前投稿したCATAの資格試験の規則変更が自分に有利に働くという件も、未だ全く分かりません。先週CATAがメールで資格試験について「今あらゆるオプションを考えてるけど、全く未定」とお知らせしてきました。今はまだ全てのカンファレンス会場や大学が閉鎖しているため、大規模な試験を行う場所と宿泊施設の用意が難しいとのことでした。

また、このメールで暗にほのめかしていたのは「東カナダ(オンタリオ州ケベック州)のよろしくない状況に合わせざるを得ない」ということで、要は西カナダは状況は結構悪くないんです。ただ、西だけテストさせるわけにはいかない、カナダ全土で平等にするのだ!というポリシーが邪魔をしている訳ですね。

バイト漬け&勉強は放棄

ゴルフ場で働いてます。下働きしてます。フルタイムで朝5時から昼1時まで、隔週で週末も働きます。労働環境は良いです、ブラックとは無縁の早寝早起きで身体を動かして人間関係もそこそこ良好なのでストレスフリーです。残業代も出ます。

難点

昼間に終わってご飯食べたら100%昼寝してしまうことです。勉強しようと思ってもずっと屋外作業なので、思ってる以上に仕事後の疲労感が半端ないです。なんとかしないとな〜。

レストランのバイト

週一ですが、ギリシャ料理のレストランで皿洗いと宅配の仕事してます。人気のレストランらしく、激務です。(笑)いつもてんやわんやしてます。でも、めっちゃ良いことが。チップが貰えるんですが、このチップがどういう計算なのか、給料並みに良いんです(笑)。ビビります。俺サーバーじゃないんだけどなあ。

進路の話

まっっっっっっっっったくわかんんんんんねねねぇ。

卒業後に働きたいなと思った場所

卒業後働く場所として4年間過ごしたマニトバ州バンクーバーがあるブリティッシュコロンビア州にしようと思います。理由はその2つの州のノミニープログラムの条件に自分が当てはまるためです。意外なのはBC州のノミニーにあてはまることだと思いますが、それがあるんです。ただ、コロナの影響で変わるかもしれませんがね。だから、怖い。

マニトバ州を選ぶなら、6ヶ月間ATに関係のない職種をフルタイムで働く必要があります。BC州ならAT関連の職種をフルタイムで一年間。そしてどちらも「雇用されている」ことが絶対条件なので、そこに注意しなくては。

この2つの州をメインに就活およびインターンを狙う活動を始めています。

ひたすら突撃の手紙&求人応募

ひたすらAT系の職場&いくつかのスポーツチームに手紙を送って、AT系の求人には必ず応募するという日常を送ってます。

手応え全く無い。数件の返信来ましたが、好ましいのはなく、、、。

我慢の時かな。

CAT(C)+ αを探せ!

今の若手ATの世代だとAT一本で高収入は目指せないのではと最近思ってます。だったらお前は何すんのって感じですが、今自分が考えているのは Physiotherapist, Registered Massage Therapist, そして Pedorthist の3つを考えています。そしてこの3つの職業のプログラムは多くの場合永住権もしくは市民権保持者が大前提となっていますね。中には留学生も受け入れているところもありますが、留学生の授業料がめちゃくちゃ高かったり、前述のPGWPが貰えないというような不利な点が目立つので自分は永住権を取った後にこれらを真剣に検討することにしました!永住権を目指して取ることに意味はない!という意見を以前アドバイスで頂いたのですが、もうそれは自分の人生には当てはまらないものなったなと思います。永住権が僕にとっての目的ではなく、手段になったので、そりゃあ取るしか無いです。

今の進路プラン

  1. 秋に卒業、ウィニペグインターンをしつつ年内に資格試験合格して、並行してウィニペグで半年間何かしらで働いて、ノミニーからの永住権申請
  2. 秋に卒業、BC州でインターンもしくはAT系の仕事をしつつ資格試験合格して、そのままBC州で一年働いて、ノミニーからの永住権申請

永住権取得後は、CATとして働きつつ上述の+αの資格を目指す。

働きたい職場

いつも言ってますが、エリートスポーツやプロチームで働けるのだったらそれが心からのベストです。ただ、その夢は今すぐに叶えずとも経験を重ねてからもあり得ることだと信じているので今は一旦置いておくことも考えています。全く諦めてはいませんが、コロナを経て少し考えるようになりました。そういうAT達があまりにも保障がなさ過ぎる立場で苦しんでいるので。

あと実は少しだけ。。。

資格取ったら小規模で開業しようかとも思ってます。それはまたいつか。

 

以上近況報告でした。

最近アメリカの移民法の影響かアメリカの方からの相談が来てます。どしどしお待ちしてます!この期に及んでまだアメリカ留学を希望されている方はこの事実を知っておいても良いかもしれませんよ〜!相変わらず性格悪いな自分(笑)。

ではでは。